不安があるなら

しかし、こういったケースにおいてもすぐに納得することなく、粘り強く交渉すれば過払い金の一部でも取り返すことができることもあります。また、中には過払い金が今の借入金より多いために、予め0円和解の通知を送る業者もあります。借金をなしにします、と言われたりしてもまず思いとどまって、戻ってくる過払い金があるかも知れないと考えてみることも大切です。

「債権債務なし」と記載されている契約書で一度契約を交わしてしまうと、後になって過払い金を取り戻すというのは非常に困難となります。「借金をなくします」などといった一見借り入れ側には有利なことを提案されても一呼吸置いて、一度弁護士に相談することをおすすめします。

また、過払い金の返還請求は個人でも行うことは可能ですが、貸付業者も強気で対応してくるものです。相手が専門家であってもお構いなしに過払い金の減額を要求します。たとえ一人で過払い金の返還ができたとしても、果たしてその額が本当に適正な額なのかも不安になってくるでしょう。そういった不安や必要な知識を十分に備えた弁護士に相談・依頼をした方が安心と言えます。弁護士に過払い金返還請求の相談をするメリットは、このような面倒さや不安から回避できるところにあります。