不安があるなら

しかし、こういったケースにおいてもすぐに納得することなく、粘り強く交渉すれば過払い金の一部でも取り返すことができることもあります。また、中には過払い金が今の借入金より多いために、予め0円和解の通知を送る業者もあります。借金をなしにします、と言われたりしてもまず思いとどまって、戻ってくる過払い金があるかも知れないと考えてみることも大切です。

「債権債務なし」と記載されている契約書で一度契約を交わしてしまうと、後になって過払い金を取り戻すというのは非常に困難となります。「借金をなくします」などといった一見借り入れ側には有利なことを提案されても一呼吸置いて、一度弁護士に相談することをおすすめします。

また、過払い金の返還請求は個人でも行うことは可能ですが、貸付業者も強気で対応してくるものです。相手が専門家であってもお構いなしに過払い金の減額を要求します。たとえ一人で過払い金の返還ができたとしても、果たしてその額が本当に適正な額なのかも不安になってくるでしょう。そういった不安や必要な知識を十分に備えた弁護士に相談・依頼をした方が安心と言えます。弁護士に過払い金返還請求の相談をするメリットは、このような面倒さや不安から回避できるところにあります。

0円和解とは?

過払い金の返還には期限があります。過払い金返還は10年を過ぎてしまうと時効により請求できなくなります。また、借りていた先の消費者金融等が倒産してしまっても返してもらうことはできなくなるので注意が必要です。

最近は交渉を行っても過払い金を全額返還してくれる会社が減ってきています。話し合いの段階で全額返還してくれる会社は数社しかなくなってきています。話し合いの段階で過払い金を全額返金してくれない場合に訴訟を起こすことは当然可能ですが、時間と手間を要するのが難しい点です。こうした場合には和解という形で解決していくケースが多いです。和解は、両者がお互いにゆずり合って話を進め、問題を解決していくことです。ところが中には金額に納得せず、この金額を求めるのなら訴訟されてもよい、というような業者も存在します。このようなケースでは、業者への対応が難しいものとなります。

和解の中で、業者によっては過払い分が現在の借入額より少し多くなっている場合に、いわゆる0円和解を提案してくるところもあります。0円和解とは、借入金があるのを無しという形にする代わりに過払い金の請求を取りやめてもらうというような和解の仕方です。

過払い金の弁護士相談

過払い金に関する弁護士相談について説明しているサイトです。過払い金とは、誰でも返してもらうことが可能な、払い過ぎたお金や利息のことです。消費者金融やクレジット会社、大手のデパートカードなどのカード会社が取り過ぎていた利息のことで、簡単なお手続きで過払い金を受け取ることができます。日本では利息制限法によって総額10万円から100万円未満までのキャッシングについては、18%を超える利息を取ってはいけないと定められています。

ところがこの法律に関し多くの消費者金融などの貸金業者が違反をし、18%を超える利息を長年にわたって取り続けていました。やがて裁判が行われ、最高裁判所は「貸付業者は利息制限法で定められた以上の過払い金をキャッシング利用者に返還しなければならない」という判決を出しました。これにより、払い過ぎた利息を取り戻すために行う手続きである過払い金返金請求手続きは裁判所も認めるキャッシング利用者の当然の権利となりました。

自分が果たして過払い金返還の対象者に当たるのかどうか気になるところです。しかし、無料で過払い金のチェックが行えるサイトもあるので、そこでまずチェックをし、過払い金返還の対象者であることが確認できたら無料のWEB過払い金計算機を利用し、どのくらいの金額が戻ってくる可能性があるのかを調べることができます。借り入れを完済している方にとっては、過払い金返還請求手続きを行うことでのデメリットは特にありません。誰かに知られることなく、払い過ぎていた分のお金を取り戻すことができます。